子宮内膜症は自然治癒する病気ではありません。正しい診断と 正しい治療の元で快癒に向けた努力をされますように…。

スポンサードリンク

放置しておくと子宮内膜症は悪化の一途をたどります。

疑わしいと感じたら恥ずかしがらずに病院へすぐに行きましょう。

子宮内膜症が起こる原因は現在のところくわしくは分かっていません。
しかし、この病気にかかってしまったら
きちんと治療しなければなりません。
放置しておいても子宮内膜症が自然と治ることはなく、
その時間が長いほど悪化が進むとされています。

即命に関わるケースは少ないのですが
最悪の場合には不妊となってします。

子宮内膜とは妊娠したときの胎児のための
ベッドのような役割を果たすのですが
妊娠が成立しなかった場合に排出されるのが通常の生理です。

ところがこの子宮内膜が子宮以外の場所で
増殖してしまうのが子宮内膜症です。

主な症状は月経時の痛みが強くなることですが
重い場合には月経時以外にも痛みを感じるようになります。
是非そうなる前に子宮内膜症の治療を
始められるように気をつけたいところです。

通常の生理であれば膣を通って剥離した子宮内膜が排出されるのですが
子宮以外の場所で増殖した場合には行き場が無く
その場にとどまってしまいます。

これは卵管、腸などでも固まって癒着するような状態となり
さらに進行すると、卵巣の内側で古い血液が溜まり
チョコレート嚢法と呼ばれる状態となってしまいます。

ひどくなると卵管や腸以外に直腸とも癒着が起こる場合もあり
性交時にも痛みを感じることがあり得ます。

なお、チョコレート嚢胞は破裂しやすい性質があり、
刺激には弱いものですから、診断を受けたら
必ず医師の指示に従いましょう。

月経時の痛みや症状がいつもと違う場合などには
出来るだけ早めに婦人科を受診し、
医師の正確な判断や指示をあおぎましょう。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

子宮内膜症の症状と治療法について:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.bisuiseki.com/shikyuunaimakusyou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo
SEO対策済みテンプレート